メニュー

1歳児保育参観

お問い合わせ
お問い合わせ

ほっぺるだより

新島橋かちどき

1歳児保育参観

ほっぺるランド新島橋かちどき

1歳クラス担任 西目

 

先日、1歳児の保育参観が行われました。

 

1か月ほど前から1歳児のクラスの窓という

窓に画用紙が貼られ、そこには小さな穴が

開いていて・・・

今回はその小さな穴からそっと

覗いてもらう“覗き穴”方式で行いました。

子どもたちには気づかれないように、そっと

覗くことで保護者の方にとっては新鮮な

保育園での“いつもの姿”をご覧いただこうと

いう計画です。

 

いつものように登園し、保護者の方と離れて

自然と遊びだす子どもたち。

扉一枚を隔てたすぐ向こうに大好きな

保護者の方がいるなんて一つも気づいていません!

私たち保育者の方が、内心ドキドキソワソワして

いました。。。

 

今回の主な内容は

朝の会・体操・粘土遊び。

 

保護者の方の前だと照れてしまったり

甘えたりして普段通りにはいかない活動も、

今回子どもたちにとってはなんら変わらない

いつも通り。

まっすぐ手を挙げ「はーい!」

と返事をしたり、体操で

ノリノリに踊ったりとしっかり

活動に参加している姿を見せてくれました。

 

そしてその後には最近始めた粘土遊び。

椅子に座り、思い思いにこねて、丸めて、

ちぎって、保育者にリクエストして。。。

集中して遊んでくれました。

こんなに集中が続くとは思わず、

私たち保育者も驚きました!

  

 

そしてもう一つ驚いたこと。

それは、窓の小さな穴から我が子を見る

保護者の方の視線の熱さです。

 

少しだけ保育室から出て保護者の方に

お声がけするタイミングがあったのですが、

どの方もみんな、我が子の知らない一面を

一つ残らず見よう!と愛おしそうに、

あっちの穴、こっちの穴と動きながら

楽しんでくださっていました。

 

限られた時間、スペースではありましたが、

保育園での“いつもの姿”を

ご覧いただけたでしょうか。

きっとまた家庭で見せる顔とはまた

違った姿だったと思います。

毎日楽しんで、いろいろな体験をしながら

成長していることを感じて頂けたら

私たちも嬉しいです。

お越しいただいた保護者の皆様、

ありがとうございました。

同じカテゴリーの記事