メニュー

小児応急救護について

お問い合わせ
お問い合わせ

小児応急救護について

ほっぺるランドのすべての園長は、『小児応急救護プログラム(MFAチャイルドケアプラス)』を 受講し、
『国際修了カード』を取得しています。

小児応急救護プログラムとは?

蘇生法とその他の応急手当てのガイドライン2010準拠

小児、乳児、成人のためのCPR(心肺蘇生法)、AED(自動体外式除細動)とその他の応急手当て (ファーストエイド)を習得するMEDIC FIRST AID® の「チャイルドケアプラス・コース」は、親や祖父母は もとより、学校施設、保育者、スポーツ・コーチなど、子ども達の健康上の緊急時に対応しなくてはならない 人々に最適な講習プログラムです。

ほっぺるランドの全ての園長は、このMFAの国際終了カードを取得し、お預かりするお子さまに緊急事態が 発生した場合に適切な処置が出来るよう備えています。

実際にどん講習を受けたの?

  • 応急手当てプロバイダー(救助者)の役割
  • 病気の手当て
  • 患者に近づく時にすべきこと
  • ケガの手当て
  • 生命を支える為の基本的スキル(手当てのABCとCPR)
  • 個々の問題の応急手当て
  • 除細動(自動体外式除細動器-AEDを使った救助)
  • 子どものケアに関するトピック
  • 出血とショックの手当て
  • その他の考慮すべき事柄
  • チョーキング(のど詰まり)の手当て
  • 応急手当てに関するその他の情報
  • 継続的な患者の手当て

保育士総合講座・ベビーシッター養成講座 teno school

ほっぺるランドの運営会社である株式会社テノ.コーポレーションは、MFA JAPAN のトレーニングセンターとして登録されていますので、小児救急救護講座を実施しております。
詳しくは、TENO SCHOOLのホームページに掲載しています。

※メディック・ファーストエイド® (略称MFA)の名称と関連ロゴマークはMEDIC FIRST AID International,Inc. の登録商標です。