メニュー

白衣の天使が舞い降りて嘔吐について語った。

お問い合わせ
お問い合わせ

ほっぺるだより

新島橋かちどき

白衣の天使が舞い降りて嘔吐について語った。

ほっぺるランド新島橋かちどき

副主任 藤得

 

みなさん、入院したことありますか?

私は昔、怪我をして入院をしたのですが、

その時に看護師さんのありがたみを噛み締めました。

ほんと、安心するんですよね。

よく看護師さんを白衣の天使なんて言いますが、

その通りです。

 

保育園にも白衣の天使がいること、

ご存知ですか?

ほっぺるランド新島橋かちどきには、

2人の天使が最近舞い降りました。

堀口志津先生と、渡邉沙織先生。

 

このお2人に、先日園内研修で嘔吐処理について

教えていただきました。

嘔吐処理、保育園で働いていると付いて回る

ものですが、改めて園内研修を受けると

「知らないものだなー」と感じました。

 

嘔吐処理のフローチャート、

何が大事なのかが書かれている

虫食い式の問題が書かれたプリント。

1つ1つを丁寧に、かつ分かりやすく

理解できるように実演形式で説明してくれました。

実演をしてくれたのは、0歳クラスの

お若い女性2名。

2人ともつい先日、

現場で嘔吐処理をしていたので選ばれました。

 

真剣な、緊張した面持ちで実演が進む。

その中で看護師は必要に応じてコメントや説明を挟む。

このコメントや説明に対して質問があれば、保育者が

その場で質問をする。

「袋の頭部分は初めに裏返していた方がいいのでは?」

「嘔吐部分から半径2メートルにあるものは全て処理をするのですか?」

などなど、色々な質問や意見が出ました。

 

これら1つ1つに対して、ツンと澄ました感じで

受け答えする看護師さん、でも優しく教えてくれます。

これが俗に言う「ツンデレ」と言うものです。

 

新島橋で働いている看護師さんは

2人とも個性があります。

 

志津先生はすました顔でババンバン。

テキパキと仕事を進め、ちょっと「ツン」と

した雰囲気があります。

でも話をすると凄く気さく。

ツンデレの天使 堀口志津先生。

 

いつもニコニコとして、オニギリのような

まあるい雰囲気が溢れ、そこにいるだけで

安心感を与えてくれる

オニギリの天使 渡邉沙織先生。

 

今日の園内研修で嘔吐処理はバッチリです。

昨日の午睡後に嘔吐があり私が処理を

したのですが、

研修のおかげで迷わず的確にできました(ドヤ)。

ほっぺるランド新島橋かちどきに舞い降りた

2人の天使による、嘔吐研修でした。

同じカテゴリーの記事