ほっぺるだより画像 ほっぺるだより画像

ほっぺるだより

Letter

ほっぺるランド 舞鶴

“やってみたい”という気持ちを大切に…

ほっぺるランド 舞鶴では「笑顔で 元気に のびのびと!」をテーマに毎日楽しく過ごしています。

朝の会・帰りの会では毎日季節の歌を歌っています。
その中でも「コンコンクシャンのうた」が大好きです。
「私はリスさんのマスクがいい!」
「かばさん!」
「ぞうさん!」と、
子ども達の中で会話が盛り上がっていたので、2月の制作は「マスク」を作ることにしました。
 

【0歳児クラス】
指先を器用に使って台紙からシールを取り、一人で貼ることができるようになってきました。
最近では「あー」と指差しをしたり「あか!」と言ったりして、好きな大きさや色のシールを選んでいます。
 


“まだやりたい!”と
意思表示ができるようになり、保育者もその気持ちを受け止めながら関わっています。
完成すると、手を叩いて喜ぶ姿に成長を感じます。
 

【1歳児クラス】
初めは絵の具に触れる事に抵抗があり、制作を嫌がる子もいましたが、様々な経験を通して、少しずつ慣れていき、
今では「次は○○の番!」とやる気満々です。
 
色の名前を言えるようになり、目や顔のパーツを描けるようになりました。
子ども達のイメージや意欲が湧くような言葉かけをすると「おめめはここ!」「くろ?」「ピンクがいい!」等と自分の気持ちを表現しながら、意欲的に制作に取り組んでいます。
完成すると
「できた!」
「○○のだよ!」と
大喜びして、保育者やお友だちに見せてくれます。
 

【2歳児クラス】
4月当初は
「ハサミむずかしい~」
「わかんなーい」
「先生と一緒にしたい!」と
保育者と取り組んでいました。
今では使いたい素材を自分で選び、

「○○ちゃんは何を使うの?」
「私は折り紙!」
「みてみてどう?」と
お友だちと会話したり、時には意見を言ったりしながら制作を楽しんでいます。
 


悩んでいる子には一緒に考え、問いかけながら自分で選択できるようにしています。
完成すると
「かわいいね~」
「私はこの色にしたよ!」と
制作を見比べて様々なことを感じている姿が見られます。
 
制作を展示するとお迎えの時間に、
「これ作ったよ!」
「ハサミ使ったんだ~」
「これ○○ちゃんの!」と
嬉しそうに保護者の方に話をする姿が見られます。

なかには制作を写真に撮って帰り、ご家族で写真を見ながらの会話が盛り上がっているようです。
保護者の方から「お友だちの名前を覚えていることにびっくりしました。お家でも先生やお友だちの名前が出てくるんですよ。」と笑顔で教えてくださり、制作が親子のコミュニケーションに繋がっているようです。
制作物を通して子どもの成長を感じると共に、とても嬉しいエピソードでもあります。
“やってみたい!!”と興味が湧くような制作を取り入れ、楽しみながら感性を育んでいます。