メニュー

梅雨の晴れ間

お問い合わせ
お問い合わせ

ほっぺるだより

新島橋かちどき

梅雨の晴れ間

ほっぺるランド新島橋かちどき

主任 藤得

梅雨が明ければ真夏。

熱中症など体調のことを考えると、

真夏は戸外活動を行うのが難しい。

ということは、

 

遊ぶなら今のうち!!

 

今日は、5歳さくら組は

大喜びでおでかけ。

 

まず始めは、全員でかけっこ。

5歳さくら組の子たちは

3歳の頃からずっと見続けてきましたが、

走る姿の迫力が増してきた・・・・。

 

かけっこの後は

集団遊びをしていました。

自分たちで考え、何をするのかを決め、

自発的に行動する。

 

写真を撮るため、ファインダー越しに

子どもたちを見ていて「成長したな~」と

つくづく思いました。

 

新型コロナウイルスの

第2波と言ってもいい現状。

連日3桁を超える人数が

ニュースで報道されています。

 

その中で開園される保育園。

日々の保育。

 

今までと同じではいけない現実。

けれど、

全てをダメで終わらせたくないこともある。

 

運動会・夏祭り

 

ただ「できない」で終わらせたくない。

今の状況で、今考えられる方策を講じる。

考え導き出した答えが見せる姿は、

今までとは大きく違うのかもしれない。

 

保育園に通う保護者様・子ども・私たち保育者、

全員の安全を守る必要がある。

どこかが欠けてしまうと、

全てが共倒れになってしまうから。

 

そうならないよう、日々出来ることを

積み重ねる。

何気ないが、大切な事。

 

正直、ここまでの状況になるとは

思ってもみませんでした。

 

皆さんが大変な思いをし、

それぞれがそれぞれの立ち位置で

何ができるのかを考え、

皆さんと一緒に乗り切ろうと協力する。

大変、ですよね。

 

けどね、そんな大変な状況なのに、

子どもの笑顔はコロナ前と

何も変わらないなと

写真を撮っていて思いました。

 

当たり前、ですよね。

子どもはその瞬間を生きている。

全力でその瞬間を生きているから、

笑顔が放つあの輝きが変化することはない。

 

変わるのは、環境、

変わるのは、私たち大人。

 

変えるのは、やり方、

変えるのは、捉え方。

 

変えてはならないものは、

子どもの笑顔と安全を守ること。

 

変わらなければならないのなら、

前を向いて変わっていこう。

 

安全と楽しいを天秤にかけ、

変えてはならないものを

大切にしながら進んでいきたい。

それが例え他と違うとしても、

この保育園のベストを見つけていきたい。

 

今日は暑くて楽しい晴れ、でしたね。

同じカテゴリーの記事