メニュー

「よいしょ!」の掛け声響かせて【餅つきごっこ】

お問い合わせ
お問い合わせ

ほっぺるだより

東五反田

「よいしょ!」の掛け声響かせて【餅つきごっこ】

ほっぺるランド東五反田

保育士 藤澤

東五反田では、初の試みとして、【餅つきごっこ】をしました

 

 

「おもちってな~に?」と子ども達からの質問がきっかけで、今回の餅つきごっこを計画しました。

子ども達から「もちって、お米だよね」と、知っているけれど、見たことないという子が多くいました。

 

まず初めに、“何でこの時期にお餅つきをするのか?”というお話も含めて、パネルシアターを見ました。

 

いざ、餅つきが始まり、

「よいしょー!!」「よいしょー!!」と子ども達の元気な掛け声が園中に響き渡ります。

 

 

0歳児さんは保育者と、

1歳児さんからは自分たちで杵を持って、もちをついていきます。

おもちをついている時の子ども達の表情は真剣そのもの。

 

 

 

つくたびに「できたかな?」「まだだよ!」とドキドキワクワク♪

 

4歳児さん・5歳児さんは、お友だちとタイミングを合わせてついたり

 

 

力強くつく姿は、頼もしかったです。

「よいしょー」の掛け声は、神様とのお話をするためだということで、子ども達の元気いっぱいの声は、神様に届いたことでしょう。

 

~来年もよい1年になりますように~

 

 

 

今回の餅つきごっこは、米粉粘土と手作り杵と臼を使用しましたが、

伝統行事に触れ「たのしかった!」「今度は丸めたい!」という声も聞こえてきました。

今後も様々な伝統行事に触れる機会を作っていきたいと思います。

同じカテゴリーの記事