メニュー

憧れることの大切さ(4,5歳お店屋さんごっこ)

お問い合わせ
お問い合わせ

ほっぺるだより

新島橋かちどき

憧れることの大切さ(4,5歳お店屋さんごっこ)

ほっぺるランド新島橋かちどき

<ごっこ遊び>

子どもは何かとごっこ遊びがすきですよね。

男の子はヒーローごっこ。

女の子はプリンセスごっこ。

一番身近なごっこ遊びと言えば、

キャラクターものの洋服を着ること。

その洋服を着てポーズなんかの真似をすれば、

なりきってヒーローやプリンセスの世界観に入り込みます。

子どものごっこ遊び好きは天井知らずです。

このごっこ遊びを保育園の中で可能な限り追求した

もの、それは「お店屋さんごっこ」です。

お店で売っているものを、

子どもと保育者がジックリと時間をかけて製作。

1、ハンバーガー屋。 2、パン屋。 3、たこ焼き・焼きそば屋。

4、ケーキ屋。 5、楽器屋。 6、携帯電話屋。 7、アクセサリー屋。

 

子どもが一生懸命に作った品々。

そして、この品々でお店屋さんごっこを楽しみました。

今回はAチームとBチーム、買うチームと売るチームに分け

交互に両方を体験してもらう体制です。

<期待に胸が弾む>

お店屋さんごっこを始める前に、

お手製のお財布と品物を入れる袋を渡しました。

子どもたちはウキウキした表情で受けとります。

かたや、お店サイドでは

「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」を

言う練習。両方の準備が整ったら、いざ開始。

ウキウキで買い物会場へと向かう、買う側。

少し緊張しながらもドキドキを隠しきれない、売る側。

初めはぎこちなさがあるものの、段々と慣れ

大きな声が聞こえ始めました。

まるで夏祭りの出店を見ているかのような光景。

大賑わい。

欲しい品物を伝え、いくらになるのかと答え、お金を渡す。

「あーー!もうお金ない!」

「いらっしゃい!いらっしゃい!」

生き生きする子どもの姿は、

見ていて本当に楽しいですね。

<あこがれることの大切さ>

手をたたきながら「いらっしゃいませ!」と

声をだす子、手を体の前にソッと添えきちんとした

姿勢でお客様を出迎える子、色んな子どもがいました。

皆それぞれが、それぞれ抱くイメージを

糧にかっこいい自分になろうとする。

あこがれる対象がいなければ、

その気持ちは生まれない。

あこがれることの大切さを、

このごっこ遊びが教えてくれました。

今回は初のお店屋さんごっこ。

次は3歳さんたちをお客様に、お店屋さんごっこを

する予定です。

そして、その次は園交流で他園の子どもたちと

楽しむ予定。

まだまだもうしばらくは、お店屋さんごっこ熱が

下がりそうにありません。

同じカテゴリーの記事