メニュー

行きて帰りし物語(お泊り保育)

お問い合わせ
お問い合わせ

ほっぺるだより

新島橋かちどき

行きて帰りし物語(お泊り保育)

ほっぺるランド新島橋かちどき

主任 藤得

~ボーイ・ミーツ・ガール~

“少年は少女と出会う。

少年は少女を失う。

そして最後に、少年は少女と再会する。“

 

新海誠監督がボーイ・ミーツ・ガールを

解説した言葉です。

更にこうも言っていました。

(うろおぼえなので、正確ではないかもしれません)

 

“境界線を越えむこうの世界へと行き、

境界線を越えて元の場所に帰ってくる。

帰ってくるとき、少年は成長している”

 

これが、行きて帰りし物語。

人は常にどこかへと行き、

帰ってくる。

ボーイ・ミーツ・ガールは、

全ての人の物語でもあるのだと思います。

 

~はじめてのお泊り保育~

つい先日、ほっぺるランド新島橋かちどき

はじめてのお泊り保育がありました。

さくら組2人の、

親類ではない人と過ごす、

初めての時間。

 

夕飯であるカレー食材の買い出し

 

クッキング

 

工作(万華鏡作り)

 

夜の冒険

 

夜のおはなし会

 

ドキドキワクワクの

お泊り保育は無事に終わりました。

~とめどなく溢れでる言葉~

私は緊張すると早口言葉になり、

息継ぎをしないくらいに

しゃべり倒す癖があります。

この癖は大人になればなるほど

進行する進行性緊張早口言葉あがり症。

(なんじゃそりゃ)

 

 

初めて親元から離れて1日を過ごす。

それがお泊り保育。

子どもたちは気持ちが盛り上がり、

いつも以上におしゃべりをする。

 

緊張しているのかなー、と、

思う。

そりゃ、そうですよね。

怖い、や。

不安、や。

緊張、や。

嬉しい、や。

楽しい、や。

ワクワク、や。

色んな気持ちがあるのだと思います。

今、どの気持ちが強く脈打っているのかな?

とめどなく言葉が溢れでる二人。

~”お姉さん”だから~

5歳クラスは2人。

なので、普段は4歳クラスと合同で

保育をしています。

4歳と過ごす5歳の2人。

年齢に関係なく共に遊びを

楽しんでいます。

でも、時々、“頑張ってるのかな”と

感じることもある。

“お姉さんだから”

と。

 

お姉さんだからできることがある。

お姉さんだから楽しめることがある。

お姉さんだから お姉さんだから。

 

歯ブラシをしている時でした。

先に歯ブラシを終えた子が、

「~とっておくね!!」と

使いたいブロックを取り置きしようとする。

それを聞いたもう一人は、

「今日は2人だからたくさん使えるね!!」と、

嬉しそうにする。

 

“今日は”

そっか、そうだよな。

嬉しそうにする二人の今日の笑顔には、

“お姉さん”

がなかった。

~でも、知ってる~

買い出し

クッキング

工作

夜の冒険

お姉さんだからできる

ことだと知っている。

保育者の話をよく聞いて、

やり方と約束を守って、

しっかりとやる。

「楽しい」と「真剣」が

一緒になった表情。

 

お泊り保育修了式で

「遊びの時間は一度おしまい。

最後なのでしっかりしましょう」

と伝えると、

一瞬で気持ちを切り替える。

お姉さんでいなくてもいい時間

を楽しみながら、

お姉さんだから楽しめる時間を

しっかりと味わう。

~行きて帰りし物語~

2人にとって大きな、

“初めて”のお泊り保育。

 

母親と一緒に保育園に来て、

親から離れた所で過ごし、

親と一緒に帰宅する。

 

2人はお泊り保育という、

“少し離れて過ごす”

ことを通じて成長する。

 

 

“少し”なのに“たくさん”。

少しの中にギュッと詰まった

たくさんの想いを、

子どもはお泊り保育を通じて感じる。

お泊り保育という、

行きて帰りし物語を

子どもは味わう。

同じカテゴリーの記事