メニュー

毎年恒例《すいか割り》

お問い合わせ
お問い合わせ

ほっぺるだより

東五反田

毎年恒例《すいか割り》

ほっぺるランド東五反田

栄養士 高橋

 

 

夏の終わりが近づくころ、東五反田では毎年みんなが楽しみにしていた《すいか割り》を行いました。

給食で食べるよりも大きなすいかを用意し、子どもたちに触ってもらうと

太鼓のようにたたいたり・・・

「つめた~い」などすいかの感触を楽しんでいるようです。

 

 

そしてお待ちかねのすいか割り

まずはひよこ組さんりす組さんから保育者と一緒に棒を持ち「せーの!こつん!」

 

うさぎ組さんは、お友だちと協力して「こつん!」

すいかに少しずつヒビが入ってきます。

次に、きりん組さん・ぞう組さん・らいおん組さんのお兄さん、お姉さんは力強さが違います。

どんどんヒビが入っていき、すいかの汁もいっぱい出てきます。

子どもたちも、「次でわれるかな?」「あ~!割れそう!」とハラハラドキドキ

 

最後は保育者が割ることになり、「頑張れ!頑張れ!」と応援します。

 

「えいっ!」

すいかが割れると、みんな大盛り上がりでした。

また一つ夏の楽しい思い出が増えました。

同じカテゴリーの記事