メニュー

小さな一歩が命をつなぐ(危機管理 園内研修)

お問い合わせ
お問い合わせ

ほっぺるだより

新島橋かちどき

小さな一歩が命をつなぐ(危機管理 園内研修)

ほっぺるランド新島橋かちどき

主任 藤得

 

 

先日、危機管理をテーマに園内研修を行いました。

「清潔」から守る子どもの命。

オムツ交換・給食の援助・保育室に入室する時、

手洗いは必ず行います。

 

そこで「あなたの手洗いは良く洗えている?」をやりました。

保健所から借りてきた器械「手洗いチェッカー君」が登場!

 

普段行なっている手洗いをした後に、

手洗いチェッカー君に手をかざすと・・・・

あらまーーー汚れが落ちてきれていませんねー。

という事が、視覚的に分かる。

 

思いやり天使の志津先生と、

 

微笑み天使の沙織先生が

正しい手洗いのやり方をレクチャー。

 

「清潔」がテーマの次は、

「自分の体験が広げる危機意識」。

2018年度に担任をしていた保育室で起きた

「ヒヤリハット」「本当に危機を感じた事」を

思い出し、その中から厳選した1つを取り上げ、

現場写真を携帯で撮る。

 

撮った後に「あなたの体験シェアシート」に

出来事を記載。

 

いつ

どこで

誰に

何が起き

そしてどうなった

その時のあなたの気持ちを一言で表すと

 

書いた事をもとにグループ内で

簡潔に発表し合う。

真剣に、時には笑顔で、互いの話に

耳を傾け合う。

 

最後に志津先生が、

看護師ならではの怪我に関するエピソードを語る。

 

志津先生は胸に熱いものを秘めながらも、

それを表にはあまり出さないタイプ。

でもこの時は違いました。

 

真剣な、熱い想いがヒシヒシと感じられる。

その熱量に圧倒されるように

私たちは志津先生の話に引き込まれました。

 

 

今できること、

どんなに小さなことであろうと、

一歩踏み出す事が大事。

踏み出せば、新しい道が開かれる。

今回の園内研修も勉強になりました。

同じカテゴリーの記事