メニュー

今日のアンデルセン公園は遊び日和!(3.4歳 お別れ遠足)

お問い合わせ
お問い合わせ

ほっぺるだより

新島橋かちどき

今日のアンデルセン公園は遊び日和!(3.4歳 お別れ遠足)

ほっぺるランド新島橋かちどき

副主任 藤得

 

2018年度がいよいよ終わります。

4月から始まる2019年度になれば、

みんな一つ上のクラスへと進級。

だから、特別な遠足・・・・・子どもも

そう思ってるのかな???

まあそんなおセンチな気持ちに

浸ってる場合じゃございません!!

登園からバスに乗るまで、

トイレに荷物チェックに、

バスに乗車するにと、

子どもも保育者も大わらわ!

 

でも、こーゆーバタバタ感って、

楽しいですよね。

ちなみに、私、子どもの頃、

遠足が楽しみすぎて、特別すぎて、

当日に「遠足だと思ってるの僕だけじゃね!?」

と通学路をキョロキョロするタイプでした(笑)

 

今回の遠足は「ふなばしアンデルセン公園」!!

はい!絵本や童話で有名なあの

アンデルセンが由来の公園です!!

調べると、アンデルセンの出身である

デンマークのオーデンセ市と姉妹都市提携を

調印してるのですね。

 

公園に着くとまずは集合写真!

風車を背景にパシャリ!

そしてお次はワニのトンネルで

3歳4歳クラスの集合写真!

 

遊びたくてまたらない子どもたちですが、

遊びと同じくらい楽しみな事といーえーばー?

お弁当!!

 

み〜んなでまーるくなって、お弁当タイム!

嬉しそうに、楽しそうに、美味しくいただく子どもたち。

太陽のあったかさや、陽射しの心地よさが、

美味しさ最大の隠し味!

 

 

 

食べ終えると自然とゴロンする子どもがいました。

今日は気持ちのいい陽気ですからね。

お天気さん、グッジョブ!!!

 

食べ終えたら・・・遊び!!

3歳4歳クラスはなが〜〜〜いスベリ台へ!

ワンパク城のタワー最上部から

約50mの長さを一気に滑るスベリ台は、

圧巻の一言!!!

登るのも一苦労!

でも滑るのは一瞬!

楽しーーーーーーい!!

全員が滑り終えると「もう一回」の大合唱。

「しょうがないな〜」と渋々スベリ台へと向かう

保育者・・・・・・ではなく!

一緒になってノリノリになる保!育・者!!

いつの間にかおっきな子どもが2人混じってました。

何回も何回もワンパク城を登り、

スベリ台を滑り、流石に疲れたろーと思いきや。

 

全然そんなことはございませんでした。

スベリ台の後はボールのトランポリン。

遊ぶ前の保育者の話を聞き終えると、

風のように靴をぬぎ、スーパーボールのように

飛び跳ねる子どもたち。

何回も何回も何回も何回も、

ポーンポーンポーーーーンポーーーーーーン。

と空中散歩。

いや、ほんと、子どもって元気ですよね。

 

これだけの元気パワーを見せつけられると、

バスでは寝ないのではないだろうか・・・・と、

背筋に冷たいものが走るのですが、

コテッ!と寝てました。

ですよね。流石にね〜。

 

2018年、この一年で、本当に成長した子どもたち。

3歳4歳クラスではないのですが、ついこの間、

1歳クラスの子と手をつなぎました。

その子は小さくて、2018年度のはじめは

ほんと赤ちゃんみたいな子でした。

 

でもその日、何気なく繋いだときに、

私は驚いたのです。

その子は、私の人差し指を

ギュッと力強く握った。

前までは私が力加減を考えながら、

でも離れていかないようにしっかりと握っていた。

それが今では、自分からしっかりと繋がりにきた。

なんだか嬉しい気持ちがこみあげてきました。

 

 

アンデルセン公園に一緒に来た、

3歳と4歳クラスのみんな。

この子たちと、気づけば沢山の

遠足に行きました。

他にも、気づけば、濃い絵本を

楽しむようになってました。

毎度同じことを言いますが、

子どもの成長ってあっという間ですね!

では!アンデルセン!!

同じカテゴリーの記事