メニュー

小さなその手で見渡す世界には、まず鉄棒があった。

お問い合わせ
お問い合わせ

ほっぺるだより

新島橋かちどき

小さなその手で見渡す世界には、まず鉄棒があった。

ほっぺるランド新島橋かちどき

副主任 藤得

 

先日、第二回目のとしひろ兄さん

体操教室がありました。

 

今回のメインは「て・つ・ぼ・う」です!

 

 

あの小さな腕・手・未発達な筋肉。

どれをとっても、「小さい」あの体で

鉄棒ができるの!?・・・という

気持ちになるんです。

 

 

なのに、出来ました・・・・・。

出来るんですね!?

 

 

 

 

3歳・4歳クラスでは、

前回の内容をよりブラッシュアップ

したものをやりました。

 

子どもって、成長するのですね。

当たり前なのですが、そこに感動。

成長するスピードが本当に速い。

 

「出来ない」と諦めの言葉を

発する子どもも中にはいます。

 

でもね、思うんです。

「全然諦めてないな~」と。

 

もっと言うと、「出来る」とか

「諦める」とか、そんなこと

子どもにとってどうでもいいのでしょうね。

 

だって、楽しむために生きているのですから。

 

 

真剣に楽しむから、

気持ちが激しく揺れ動く。

 

気持ちが激しく揺れ動くほど、

真剣に打ちこんでる。

だから子どもは成長する

のかもしれないなと感じる、

そんな姿でした。

 

 

同じカテゴリーの記事